collision


音楽と空間について考察と実践を行うレーベル「おっとり社」企画による、渋谷のクラブSECO loungeを会場にした新イベントシリーズ。今回は、世界が誇るビートマエストロRiow Araiをゲストに迎えます。またイベント開催に先駆けて、イベントと同名の限定フリーペーパーも発行。紙面上での若手の研究者とデザイナーのコラボレーションにも要注目です。新進気鋭のアーティトとそれぞれのメディアによる「衝突」に、ぜひご期待ください!

DATE : 2011/08/14 (SUN)
OPEN : 18:30 / START : 19:00 / CLOSE : 23:00
ADV : 2,000yen / DOOR : 2,500yen (with 1drink)
GUEST : Riow Arai
LIVE : ޤঌხښ (Sabi / Taro Peter Little), ryu furusawa, ASEX
DJ : Árni Kristjánsson
VJ:gb ( takahiro ohi )
TEXT : Tairadate Yu
DESIGN : Shoji Sayaka
VENUE : SECO lounge
ADDRESS : B1F, 1-11-1, shibuya, shibuya-ku, Tokyo
produced by : Ottorisha(http://ottr.cc)

CONCERT!! vol.9

前回に引き続き、松戸の純和風空間「席亭 宇」でのコンサートとなります。
階下の天ぷら屋「関宿屋」のご協力により、出前も承ります。
ゲストであるJuan Parra Cancinoはチリに生まれオランダで学び、世界的に活躍している音楽家です。
ヴォイスパフォーマーである足立智美、義太夫三味線の演奏家である田中悠美子、3者による共演が行われます。

Continue Reading

Juan Parra Cancino ワークショップ

実践・コンピュータ音楽
Towards a performance practice of Computer Music: A Journey
チリ出身の作曲家、Juan Parra Cancinoが来日。4/16-24まで、松戸に滞在します。今回のワークショップは、そのタイトルにもあるとおり、コンピュータ音楽における演奏行為、あるいは作曲をするとはどういうことか、ということを扱います。実際に彼が制作した過去の作品を事例としながら、音を精選していく過程をみていくことにしましょう。

Continue Reading

山川冬樹パフォーマンス

日時:2010/12/12(日)
開場:17:00 / 開演:19:00
会場:都市綜合開発第三ビル(松戸市本町21-2)
入場料:無料
出演:山川冬樹

プロフィール:
ホーメイ歌手/アーティスト。
1973年、ロンドン生まれ。
音楽、美術、舞台芸術の分野で活動。
身体内部で起きている微細な活動や物理的現象をテクノロジーによって拡張、表出したパフォーマンスを得意とする。

主催:松戸市, 「松戸アートラインプロジェクト2010」実行委員会, NPO法人CoCoT
企画 / 制作:おっとり社
機材協力:田口造形音響
協力: 一友会館, 葛西屋呉服店, 関宿屋, 八嶋商店

森の情景2

FACET_stage_011220
FACET_stage_011221
015-『森の情景2』

|  2010/10/16|  JR松戸駅西口デッキ|

| 出演 | エレクトリック・チェア、撲殺された放課後、コノエ・マシュマロ

|作品協力| 石塚つばさ

| 森というテーマをもっておこなった2回目のイベント ほぼ前回と同じセットを利用して会場を構成したが少人数の編成だった前回と違い大編成の出演者たちにあわせて。ステージを組み立て。より劇場的な構図をもって配置させた。 駅の利用者も足をとめパフォーマンスを聞いていく人が多かった。

森の情景

FACET_stage_011218
FACET_stage_011219
014-『森の情景』

|2010/0725| JR松戸駅西口デッキ|

|いつもは通りすぎるだけの駅前が、アート解放区に。芝生をモチーフにしたアート作品が展示され、自然環境を体感できる不思議な音空間となる会場で、気鋭の若手アーティストによる音楽やダンスのパフォーマンスが展開されます。ほかでは体験できない、一日限定の真夏の夜のイベント。ビールを飲みながら、開放的な気分に浸れます。
Continue Reading

舎恩会

100327FACET_ottori_0112_61
2010/03/27「舎恩会」
□FOOD:他人の部屋
□ LIVE : 亜鉛 unt エビオス, アボカズヒロ, 大山エンリコイサム, 大和田俊, Karluv207, キングクンニリングス, 楠本征広, 酒井幸菜, 佐藤公哉, 霜村佳広, 庄子渉, Taro Peter Little, まくらとジョーロ, 安澤洋, 安野太郎
Continue Reading

CON TEMPO RALLY

FACET_ottori_0112_60
 

2010/03/22「CON TEMPO RALLY」
□LIVE : 梅林太郎, 古澤龍, 網守将平, 土屋大輔, 髙橋宏治, 川口成彦, 須東裕基, 角銅真美
□ORGANIZE : 網守将平
□PA : 滝野ますみ, 堤裕吏衣
□FOOD : 小料理屋 きく谷

http://www.flickr.com/photos/ottorisha/sets/72157623566331069/

10年代突入と共に消えるおっとり舎に於いてささやかな催しが行われる。ここに集ったのはゼロ年代における消費社会の申し子達であり溜め込んだMPを使いたくてウズウズ している連中である。今回ここに出現するのは彼らによる現代にふさわしきカタルシスの 散開であり、惜しくも葬られることになるおっとり舎への偲びと再生への希望であり、次 世代への問いの投げかけとも言い換えられるかもしれない。芸術とアート、音と音楽、時間と空間、ポップとアヴァンギャルド、Twitterとmixi。対峙させられること になった者達の助け合いとぶつかり合いをとくとご覧アレ。
Continue Reading

MAD花見ナイト

FACET_stage_011217
 

 

013-『MAD花見ナイト』2010/0321

|2010年3月21日(日)17〜20時|松戸駅西口デッキ広場|

|アーティスト|大和田俊, リリカル・リリィ, mun, NEOhetare, NEN|主催||戸駅周辺にぎやかし推進協議会 |運営|NPO法人CoCoT |協力|マチヅ・クリエイティブ, おっとり舎

|春分(しかも桜の開花日!)、松戸駅西口から徒歩10秒のペデストリアンデッキにて、老若男女、昼と夜、地元民と外部からの若者、伝統文化と現代カルチャー、あらゆる境界を横断すべく、混沌と下町情緒溢れるパーティーイベントを行います。

|千葉県松戸市にて活動をしているまマチヅ・クリエイティブを主宰する寺井元一さんとともに、松戸の街に何かを仕掛けようというイベントの一貫として行われたもの普通は道路とみなされているため使うことができない駅のペデストリアンデッキに街の中から借りてきた、提灯、紅白幕、ビールケースなどをつかい即興的に場を組み立てた、そこで販売されるビール、中華料理も街中から毎度出前で届けてもらうなど、しっかりと時間をかけて街と関係性をつくってきた、寺井さんの活動は街にたいする新しい関係性はその後もつづいていく
Continue Reading

CONCERT!! vol.6


2010/03/20「CONCERT!! vol.6」
□GUEST : Zero Charisma, 松村誠一郎
□LIVE : 大和田俊, mun, 庄子渉+伊藤寛武
□PA : 滝野ますみ, 堤裕吏衣
□FOOD : レイチェル食堂

http://www.flickr.com/photos/ottorisha/sets/72157623580052047/

2010年3月をもってcon tempoは現在のスペースでの活動を終了します。CONCERT!!シリーズ最終回 となる今回は、イギリスのデュオTeam Doyobi(Skam,UK)のメンバーでもあるZero Charisma(ICASEA,仙台)、芸大芸術情報センター助教の松村誠一郎氏を ゲストにむかえ、5組のアーティストが出演。有終の美をかざります!!

space (responce)

 
FACET_stage_011233
FACET_stage_011232

028-MCE+『 space (responce)』

(2010 大和田俊)

|東京芸術大学千住キャンパス7ホール 〒120-0034 東京都足立区千住1-25−1

|音楽とはなんなのか、これは発生された、その音自体よりも、それが以下に空間で響いていくのかということを思考した作品である。 会場中央に3台のCDのプレイヤーが置かれている。CDのプレイヤーからはなんともわからない音がそれぞれに、CDの容量いっぱいに(書き込みの余地はない)入った音が流されている。という会場の音それ自体を3つのマイクから広いつつ、再度スピーカーから再生される、ということが繰り返し持続しながらある作品である。 これはつまり永遠に上書きされつづける、スケッチのようなもので、識別はできないが、最初にかいた絵がなんとなくはみえつつも、その後の手の動きの痕跡や、ふとしたらくがきのようなものがみえてくる。それを響きとしてもう一度考え直す作品である。この場合僕はシステムの整理と、会場をシンプルに構成する際の配置、什器をつくるという形で参加している。

CONCERTvol.5

091123FACET_ottori_0112_57

091123FACET_ottori_0112_55
2009/11/23「CONCERTvol.5」

→「con tempo」音楽シリーズ第5弾

□ LIVE : jim2achin.e (per, dance, computer, voice, images, photo), Fumihisa Tanaka(per), Manami Kakudou(per), Robert Szeliga(various instruments)

http://www.flickr.com/photos/ottorisha/sets/72157622918340998/

 

 

 

hide and seek

FACET_stage_011236

030-hide and seek

|2009/11/01 16:00〜16:30|引戸庵|

|ゲスト| 酒井 幸菜(ダンサー)佐藤公哉(音楽家)権藤繭 karluv207 田中文久  角銅真奈美

|企画|森 純平

|音響|庄子渉 大和田俊

|映像|関谷洋子

|写真|安藤瑠美 前田真里

|協力|おっとり舍

 

『つづく』

 

2009/08/23『つづく』@柏waRter

□LIVE : 大和田俊, 縮図, 庄子渉, ダウヂング同好会, リリカル・リリィ

□DJ : アボカズヒロ, shuichi morizono aka oZoN, NEN × ko-bun

 

つづく.com

 

「つづく」

2009/06/28「つづく」@柏waRter

□LIVE : 大和田俊, Karluv207, 縮図+佐藤菜穂子, 庄子渉, 長島みのりfeat.針谷久美子, birdguhls, リリカル・リリィ □DJ : Arni Kristjansson, shuichi morizono aka oZoN, DJ Nen (AREION)

 

「つづく」

 

 

2009/4/26「つづく」@柏waRter

→ おっとり舍インタラクティブ企画

□LIVE : 大和田俊+庄子渉, 縮図, Taps Work, リリカル・リリィ・DJ : Arni Kristjansson, shuichi morizono aka oZoN, Toshiomi Yamaguchi

「CONCERT vol.1」

090411FACET_ottori_0112_14

2009/04/11「CONCERT vol.1」

→「con tempo」音楽シリーズ第一弾

□LIVE:カール・ストーン, 安澤洋, 大和田俊+庄子渉, 杉本喜洋

http://www.flickr.com/photos/ottorisha/sets/72157617088552115/

http://www.flickr.com/photos/sora_tuki_taiyou/sets/72157616893231605/

「おっとり日和」

2009/01/23-25「おっとり日和」

→ ダンスと音楽のコラボレーションをテーマにしたイベント第3回。

□LIVE:あだち麗三郎、飯田能理子、岩坂昌倫(表現)、大石俊太郎、大山エンリコイサム、大和田俊、小田富美子、葛城梢(Karluv207)、河村若菜、権頭繭、酒井幸菜、坂本沙織、佐藤公哉(表現) 佐藤菜穂子、霜村佳広、庄子渉、杉本喜洋、関口将史、関達郎、園田空也(表現)、竹内英貴、並河咲耶 古川麦(表現)、松岡美弥子、Mickey k. 櫻井、山崎朋、安澤洋、横山夏子(Karluv207)□STAFF:岸洋子、笹萌恵、森純平、森脇洋平・協力:保坂いずみ

http://www.flickr.com/photos/sora_tuki_taiyou/sets/72157613089529274/

自然光

スクリーンショット(2011-01-13 17.46.38)
スクリーンショット(2011-01-13 17.46.47)
スクリーンショット(2011-01-13 17.46.57)

 

027-MCE+『 自然光 』ラジオ、スピーカー、窓のための自然光 (2009 安澤洋)

2008/12/20,21|東京芸術大学千住キャンパス7ホール 〒120-0034 東京都足立区千住1丁目25−1|音|安澤洋|建築|森純平

|音響的空間にとどまらない空間において、その空間が作品の第二の主体(いわば演奏者)となれるようなパッケージの制作。録音媒体とそれを空間かするさいの留意点をまとめたテクスト(あるいは図表)をもって作品とし、様々な特殊性にあわせてさらなる相違と解釈を盛り込んだ音場を構築し、発表することを持って公表する。

|再現性のあるコンサートとは例えばなんなのか、CDを流す時どうしてもCDの音になってしまう。 本作は、媒体としてCDにと演奏指示書が添付されたものを配布され、それを再現可能にするということに特徴がある。演奏は、ラジオテレビなどの放送、窓をあける外音、そして、CDになどからながす媒体から構成されており、その関係制のみを作曲することによって、毎度まったく違うことを前提としながらも、作品としての強度を持たせている。 またそのフレーム自体が、音楽だけでなく、積極的に環境の音をとりいれていることなどもあいまって、音というよりもその状況自体を再現していることもいえる、とても実験的ではあるが完成された作品としてある。

自然光

クリスマスコンサート

081213FACET_ottori_0112_12
081213FACET_ottori_0112_11
081213FACET_ottori_0112_10

2008/12/13 クリスマスコンサート@千寿桜小学校

□LIVE:安澤洋, 二木康介, 霜村佳広/杉本喜洋,川村尚子/大和田俊, 庄子渉, 岸洋子□Architect:森純平

http://www.flickr.com/photos/sora_tuki_taiyou/sets/72157611234689400/

http://www.flickr.com/photos/ottorisha/sets/72157611312409516/

「おっとり日和」春

080412FACET_ottori_0112_39

080412FACET_ottori_0112_40
2008/04/12,13「おっとり日和」春

→ダンスと音楽のコラボレーションをテーマにしたイベント第一回。

□LIVE: 岸洋子(ダンス)× 表現(音楽)、 霜村佳広(ダンス)×大和田俊(コンピュータ)× 杉本喜洋(リズムマシン)×庄子渉(ピアノ、コンピュータ)、 Plastic note(演劇、ダンス)、OEIL(ライブペインティング)、森脇洋平(ダンス)×安澤洋(傘立て、コンピュータ)× 庄子渉(ピアノ) http://www.flickr.com/photos/ottorisha/sets/72157606486194480/   http://www.flickr.com/photos/sora_tuki_taiyou/sets/72157607562234396/

 

コジマラジオ銀座

_1132349

024コジマラジオ銀座-
|2008/3/24,29
|ギャラリー58
|〒104-0061東京都中央区銀座4丁目4−13|

|一週間、毎日12時から19時までミッチリ放送してました。毎日違う表情のイベントが開催されました。出演者の総勢はざっと40名ほど。

|ある程度の広さをもったギャラリーをまず常時放送局とするためのラジオブースを設置した。そのラジオブースは、カウンターテーブルの様に、劇場のプロセニアムのようにロの字型をしており、基本的にはその奥で放送を行うということをそうていしていたが、それ自体が動く壁としていたこともあり、番組ごとに、ギャラリーの使い方を変えながら、普段とはちがう場のあり方を提示できていた。

3/24
|『舍展』 出演者:おっとり舍
3/25
|『アーキサミット08東京春の陣』 |出演者| g86(メンバー/鎌谷潤、小林篤昌、坂根みなほ、山道 拓人) その他
3/26
|『提灯ラジオ』 出演者:提灯検査 団員
|『コジマ便り』 出演者:坂口寛敏、毛原大樹、安藤瑠美
|『能管の響き-室町時代にタイムトリップ』 能管演奏:長崎裕起子(森田流)
|『春の号砲! 本日は破天荒也』 出演者: 秋山祐徳太子
3/27
『ネグリへのプロローグ』 出演者|武盾一郎、山根康弘 、毛利嘉孝、池上善彦 、大山エンリコイサム 、EGA(one hand clappin’)、OGI(荻野竜一) 、いちむらみさこ、小川テツオ 、村田訓吉、、木幡和枝、平井玄、自由ラジオの皆さん、北澤理恵
3/28
『ラブレター特論』 出演者:山口功、川上華恵、亀山友紀代
3/29
『THE OPENING IN THE RADIO』 出演者:池田拓馬、佐藤ゆかり
『前座として、81年度会』 出演者:毛原大樹、山口功、坂口直哉、鈴木わかな 他『82年アーティスト』 出演者:芦立さやか、他82年生まれのアーティスト

舍展

2008/03/24「舍展|sha-ten」live
→ギャラリー58(銀座)での音楽イベント。ミニFM局コジマラジオの企画の一環として、銀座、上野等に放送された。テーマはデュオ。

□LIVE: 霜村佳広(ダンス)×安澤洋(フィードバックミキサー)×大和田俊(コンピュータ)、   山川慶子(朗読)×杉本喜洋(ピアノ)、伊藤寛武(フルート)×大和田俊(コンピュータ)、  横山夏子(カンテレ)×葛城梢(マンドリン)、佐藤公哉(声、ヴァイオリン)×古川麦(声、ギター)、   AIZAWA HARUKA(サンプラー)×安澤洋(コンピュータ)、OEIL(ライブペインティング)×庄子渉(シンセサイザ)

おっとり事件

071008FACET_ottori_0112_24
071008FACET_ottori_0112_25

 

2007/10/08 オープニングイベント「おっとり事件|ottori jiken」
→アメ横の演歌、瞽女歌から、映像、コンピューター音楽と多様なジャンルが集まった10時間連続オープニングイベント。初めてのイベント、出演ジャンルも、まるでばらばら。建物事態にも絵を書いてみたり、単純な風通し音響的な問題などをはじめて実感しつつ、いままで改装をしてきた建物が急に祝祭的な空間にかわること

□ LIVE:ハルカス(ヒップホップ)、ジェイク fromCrowFish(歌)、GJNBSGR(即興演奏)、月岡由起子(瞽女三味線)、佐藤公哉+河本奈々、雨洋子
□映像:ふりふり組織、B∀L、ヤングポール・DJ:DJアボカズヒロ
□作品展示:あおいけまゆこ・ペインティング: 安藤瑠美