カッティングプロッターとサインデザイン

 僕の家は崖に立っている。
法規上は一番下の階が半分地下にうまっているので地下一階その上に1、2階があるのだが、2階が道路とつながっていて普段はそこが玄関になっている。
実際家族の間でも各階の呼び方は曖昧だった。2階の居間をメインにとらえる母からかんがえれば地下2層 地下を寝室にしている僕からかんがえれば3階だし。そりゃ感覚が合うはずがない。
最近は下と上っていう方向性だけで話をすることが多い、気がする。

今年(2010)できたART千代田3331のオープニン時に一つの企画の立ち上げ、展示計画を仲間とともにおこなう機会があった。
オープン前日僕達も展示のつめで追い込んでいるときに、3331スタッフや大勢のボランティア他の入居者も最後の大詰め作業をしていた。そんな大詰め作業の中、建築のサインをスタッフがカッティングシートを使って張っていた。時間はオープン前日の夜の9時これから会場全体に貼るという。

僕はシートを貼る際に水平を呼びかけながら。不思議な気分になった。
建築家としてはサイン計画はたしかに仕事範疇ではないかもしれない(けれど安藤さんなど勝手な張り紙の禁止など普通はそこまで含めてデザインをするはずである。)
けれどアートの拠点として。アトリエやギャラリーといった昨日をもった3331ではデザイン料を払うよりも一台のカッティングプロッターを買って今後も自由に場所の名前を変えていく可能性を選択したわけである。単純にデザインはしてあって貼り作業を委託しただけかもしれないし、デザインをできるアーティストやスタッフがいるからかもしれない。展示の設営のことを考えると購入したわけでもあく当たり前にもっていたというだけかもしれない。
けれど完成したときにすでに建物の一部として出来上がっているサインよりも。自分たちで部屋の名前を考えて、名付ける。そんな少しの可能性をもった建築のほうが素敵なんじゃないか?
設計意図とはかけ離れて不動産屋として広告だらけになってしまった建築や、カッティングシートだけで壁を構成されているヨドバシカメラなど、実は意外と近くにあるのかもしれないけれど。僕が建築をつくる時はプロッターをつかったデザインがいいなあ

203

FACET_ottori_0112_60
100319FACET_furniture_0112_15
100319FACET_furniture_0112_16
006-203

| 2010/3/19

| 3331 Arts Chiyoda 〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14

|アート千代田3331内オープニングイベントで教室だった一室を使い何人かのアーティストのための展示空間として、放送やイベント行うためのスペースとして会場構成を行った。

500以上のダンボールをならべて、会場をつくると同時に、3組のアーティストがダンボールを利用して、作品をつくったり、番組内容を表現する展示であったりと、箱としてのダンボールの可能性をさまざまな面からさぐる機会となった。展示とはべつにコンサートの企画時には、フレキシブル場を変えていくその作業性といったものも空間づくりにおおきく関与していた。

401

100319FACET_furniture_0112_18

401

| 2010/3/19

|東京都千代田区外神田1−14−2

|当初使われていた 秋葉原駅高架下にあるラジオデパートの一室を拠点としてデザインした。制作した段ボールが組み立てられた状態だけでなく、たたまれた状態で、積み重なって舞台となったり、さまざまな形態で日々進化し続けている。

ラジオデパートといえばある程度想像できるかもしれないが、4階にいくまでにはパーツをバラ売りしているような電気屋の間をすりぬけ、喫煙所を通り部屋へとたどりつく。そんな立野もの空間や、そこにメンバーが友達をつれてきて、何か面白いことをしようと話をする。そんば場所にふさわしく、場を取り巻く前のダンボールもふくめて自然とできあがっている洞窟のような空間はまるで野生のようにふしぎな場をつくり不二気をつくっていた。

Continue Reading

7ch

]7ch[ 2010/3-

空間設計・ななチャン段ボールデザイン|DAT (Danball Architecture Team)池田隆志(東京大学大学院)、工藤浩平(東京藝術大学)、関島毅(東京理科大大学院)、森純平(東京藝術大学大学院)|千代田区に旧練成中学校を改装してできたアートスペース アート千代田3331内の企画で学生が主体のなって行うプロジェクトとして学生メディアセンターなないろチャンネルという企画の立ち上げ時に空間構成を担当した。取材として外にでていく活動していく7チャンのためのツールとして、会場構成を含めてさまざまに発展して行く可能性のある段ボール箱をデザインした。

それぞれにジョイントや、ふたをしめるための文化鋲など機能が備わり、中継会場での壁、テーブル、椅子、棚、移動用の箱、またそれ自体がメディアとして、実際に全国さまざまなイベントで利用されている

IMG_0222
DSC_0028
DSC_0028

だんちく

七レンジャイのみなさま。

300個了解。電ボールもいいと思う。
プレゼンに向けなんとなく。今思うところを書いてみようとおもいます。
すでにめんどくさくなっているので、途中でやめるかもだけれど。
_
今回の一番の面白さは。「ダンボールによってできる空間」というよりも
「ダンボールによって空間をつくることによって生まれるさまざまな関係」だと思います。
もちろんそれは僕達のメインコンセプトももちろん含めたうえで
◯一日10人以上があつまって、泣きそうになりながら、つくった箱自体にのこる思い出や。
◯そういう空間ができたからこそ、生じている。アーティストの作品。◯番組展示のありかた。しいてはそれよって起こる番組自体の変化。◯普通ありえない実物をつかった、スタディー。それによる300個の追加発注。とかね。
_
そんなダンボール同士に単純ではあるけど、ストーリー(流れを読みやすくする、空間自体の特質も明確にする)を生むための7福神はひとつのデザインであるとおもうけど。
今回の300個発注による施工もせっかくなら。「めざせ777個」とかいって。展示中ずっと作り続けていて。見に来た人に手伝ってもらう。さらには名前を書いてもらって、もしかして最後にはあげるとか。完成して、完結した状態での展示よりも。あと300個が増えることの可能性を想像させることができるとおもうので。 あまり急がなくていいきがします。むしろ、今日もメールでおくられたゴールをみんなで共有する。
想像の余地をあたえることによって、今のダンボール状態がうごめいていく状況を意識させるとか。
ピンチはチャンスというかピッたりだと思います。

中井くんの反論も、前日にぎりぎりスケジュールで、無理を覚悟で追い込むというスケジュールは確実に他(展示、作品、オープニング)がイッパイイッパイになるなかで、それを包み込むべき建築がまだ、完成していない。というのは少し違うかなと思うので、同意ですが。
プロセス型ならありかなーって感じ。
逆に中井君に反論で、もしくかするともっと凄くなる可能性があるのであれば、遊んじゃおう!アジトだしさ!!

です。読みづらくってすいません。
_
今の場合の展示案としては、
◯当初のコンセプトなどの提示とともに。
◯物語としての7福神
◯ゴールとしての777verの模型
◯箱の作り方講座
って感じかな。

_
で、ちなみに明日以降(主に明日)は
◯椅子は明後日の午後届いて。カットもおわっているので、基本完成。
◯電気は買えたのかな?とりあえず工具もってくけど。
◯70個カット。
◯しながら、プレゼン話。

僕は16時から松戸で打ち合わせなので、3時くらいまでです。

です。

あまりにも適当な文章なので、とりあえず建築チームへ。