プロフィール

Junpei Mori / 森純平
architect / 建築
Biography : born in Malaysia,1985. Graduated from the Department of master course of architecture, tokyo university of the arts 2011-worked  tokyo university of the arts,established “Mad_Lab“,joind “dss project”,”spectacle  on  the  bay project”.2009 the chief editor of ” KUKAN28 ” .2008 established “con tempo project”.2007 “KOJIMA RADIO“,”OTTRSHA“established.

1985年マレーシア生まれ。2011年東京藝術大学大学院建築科卒業、在学時より建築から時間を考え続け、舞台美術、展覧会、コンサート等状況を生み出す現場に身を置きつづける。主な作品にalice(ナントビエンナーレ)、引戸庵、マイタワークラブおっとり社(ottr.li)、madlaboPARADISEAIRSITEprojectの企画運営など。

建築と文化をつくることを生業とする。

 

略歴

1985 マレーシア生まれ。
2009 東京藝術大学美術学部建築科 卒業
2011 東京藝術大学大学院建築科 卒業
2011 madlabo 設立
2011-14 東京藝術大学大学院建築科教育研究助手
2014 PARADISE AIR企画運営
2016 東京藝術大学美術学部特任助教
2016 OKU設立

 

受賞
2006 安宅賞 受賞,山際照明造形美術振興会 奨学生
2008 平山郁夫奨学金 奨学生

主な活動
2004 自宅の現場監督をする
2005 寺を造る
2007- 北千住にてオルタナティブスペース「おっとり舎 」設立/北千住,東京
2007- 旧小嶋小にて地域ミニFM局「コジマラジオ」企画運営/御徒町
2009 千葉県松戸市にてMADCITY プロジェクトに参画
2014 PARADISE AIR設立
2014 geidaiRAM 研修生
2014 野外彫刻プロジェクトSITE 企画・運営
2015 遠野オフキャンパスに参加
2015 geidai RAM コラボレーター

Awards : 2007 hirayama ikuo award,2006 ataka award
Areas : design of architect,furniture,interier,stage,and so on.and make the situation around spaces.

0203パフォーマンス「深沼」/ 0222『琥珀の島』展

スクリーンショット 2013-02-02 23.38.00

ええと、急遽の情報UPだったので応援ついでの宣伝。

(竜君勝手に写真かります。)

 

思えば一年ほど前に佐藤公哉(表現)さんから「今度新しいCDをつくるんだけど、それのイメージのための美術を創ってくれない?」という話がきていました。同時に田村さんからは「春から粟島でレジデンスするからなんかしようよ」的なことも。

 

結果として僕は、

彼ら(表現)に美術をつくるかわりに、

彼が滞在した粟島を彼らのレコーディングのための場所として用意するということにしました。

 

(これはその夜の写真ですね)

そんな二組が同じ場を創るというわけで、

是非、

皆々様ご覧頂ければ幸いです。

 

以下、最初に一緒に島に行った時の映像と情報。

 

最終日のイベント|地下駐車場にて、田村友一郎「深沼」

田村友一郎の作品がある地下3階駐車場にて、深川の伝統芸能、木遣りが特別に催されます。

日時:2013年2月3日(日) 15:30~
場所:MOTアニュアル2012展 田村友一郎展示スペース
(東京都現代美術館 地下3階駐車場)
無料

■木場の木遣り
木場木遣保存会
演目:「隅田川」ほか

■「仮)いいたいことがある」改め「深沼」
出演:田村友一郎、田村友一郎
謡:佐藤公哉
笛:古川麦

////////////

表現(Hyogen)・鈴木竜一朗『琥珀の島』展

アコースティック編成に生まれ変わった表現(Hyogen)による、架空/実在の島を舞台としたコンセプト・アルバム『琥珀の島』。
写真家・鈴木竜一朗とバンドメンバーが、写真とインスタレーションによってギャラリー空間とその島を重ね合わせます。

会期:2013/2/22~2013/3/3
会場:HIGURE 17-15 cas
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3丁目17-15
03-3283-6216 http://hgrnews.exblog.jp/

*オープニングレセプション*
2/23(sat) 18:00~
表現(Hyogen)LIVE:19:00~

*クロージングパーティー*
3/2(sat) 18:00~
表現(Hyogen)LIVE:19:00~

http://sound.jp/hyogen/

深い沼

現代美術館で開催されているMOT アニュアル 「風が吹けば桶屋が儲かる」展にて田村友一郎さんの少しばかり展示をお手伝いしました。
24に行われるイベントも一緒に企みをしております。

Continue Reading

1010-1111GTS AWARD

3年前に出会って、実験を行ったスカイツリーの麓の鉄道高架下をまた使える事になりました。

実は今日から始まっています。本当先日なのですが、イベントの企画をするはめになりまして、急遽考えたり、ふと思い立って音楽家に電話したり、ダンサーに会いにいってみたりしています。

前回はまず、その場所にどんな可能性があるのか実験という意味をこめて出来る限り幅の広いプログラムを企画しました、劇的なイベント目白押しというやつですな、おかげで最後も劇的な終わりでした。。

今回思っているのは、どうやって日常をデザインできるか、ということで 例えばCAFEを運営したり、マチの人と食事会をしたり。土地に脚をつけて、とはいえヨソモノとしてマチのくさびを打てればいいなとも思いつつ。その劇的さと普通さの強弱を考えているとところです。というわけで、むしろふらっと音を奏でにきてくれたり、踊りに来てくれたり、料理をもってきてくれたり、そんな持ち寄りも大歓迎です。

はらっぱみたいな、大人の秘密基地。。

 

http://gts-sap.jp/modules/ev_iap/index.php?page=article&storyid=41

9/28.29.30ドリフターズ・サマースクール2012公演「NO FUTURE / YES FUTURE」

講師として参加させていただいています。

森下スタジオ、急な坂スタジオ、象の鼻テラス(本番)と都市を横断しつつ、進化しつづけています。

演出家(というか主役)がいないから、だれが決定をしていくのか決まっていないから、いつもそれぞれの思いをかけて議論が白熱する。

今年はひょんなとこから建築的なアイデアが比較的初期から産まれていて、背骨のように空間の骨格を見せらそうなきがします。

Continue Reading

6/8 助手展

6/8から芸大助手有志展が上野の陳列館でおこなわれます。

美術学部全科にくわえ映像、音環の助手の総勢40人で行われる展示です。

 

一応、会場構成担当ということになっていますが。

形態も、テーマも個性豊かな面々の間を調整してまわって、やっと全体が見えてきたという感じ。(あと2週間なのに)

という訳で大胆な会場構成は魅せられませんが。大胆なバラバラさは楽しめるのではないかと思います。

たぶん、展示と一緒に構内を散策してみると色々な発見があるのではないかと思われます。

 

かぶりまくりでい

僕直接では

ちなみに北千住関係で、20、21,22と連続して最後にイベント
http://www.ottr.cc/con_tempo/news/index.html

3/22までですが、渋谷1000というものの一環で 渋谷にてR CODE MUSEUM キューアールコード美術館に出展中
http://d.hatena.ne.jp/g86/20100313

3/28にちまで、空間構成をしている。秋葉原art chiyoda3331にて、展示。
http://nanachan.tv/
http://www.3331.jp/

以下その他知人ふくめたイベント達_
◎CONCERT!!
March 20th, 2010
OPEN : 18:30 / START : 19:00
VENUE : con tempo
FEE : 1,500JPY(+1drink)
GUEST : zero charisma
LIVE : 大和田俊, mun, 庄子渉+伊藤寛武, 松村誠一郎

2010年3月、現在のスペースでの活動終了に祭しクロージングイベントを開催中。concert !! シリーズ最終回となる今回はイギリス出身、仙台在住のアーティスト、zero charismaをはじめとしたエレクトロニカ、ポップ系のアーティスト5組が出演。おっとり舎に有終の美を飾ります!

◎MAD花見ナイト
春分(しかも桜の開花日!)、松戸駅西口から徒歩10秒のペデストリアンデッキにて、
老若男女、昼と夜、地元民と外部からの若者、伝統文化と現代カルチャー、あらゆる
境界を横断すべく、混沌と下町情緒溢れるパーティーイベントを行います。

日時 |2010年3月21日(日)17~20時
会場 |松戸駅西口デッキ広場入場料 無料飲食 提供予定
アーティスト|大和田俊(東京藝術大学),リリカル・リリィ,Mun,NEOhetare,NEN
主催 |松戸駅周辺にぎやかし推進協議会
運営|NPO法人CoCoT
協力|マチヅ・クリエイティブ / おっとり舎

◎CON TEMPO RALLY
March 22nd, 2010
OPEN : 18:30 / START : 19:00
VENUE : con tempo
FEE : 500JPY(+1drink)
LIVE : 梅林太郎, 古澤龍, 網守将平, 土屋大輔, 髙橋宏治, 川口成彦, 須東裕基, 角銅真美
企画 : 網守将平

10年代突入と共に消えるおっとり舎に於いてささやかな催しが行われる。ここに集ったのはゼロ年代における消費社会の申し子達であり溜め込んだMPを使いたくてウズウズしている連中である。今回ここに出現するのは彼らによる現代にふさわしきカタルシスの散開であり、惜しくも葬られることになるおっとり舎への偲びと再生への希望であり、次世代への問いの投げかけとも言い換えられるかもしれない。芸術とアート、音と音楽、時間と空間、ポップとアヴァンギャルド、Twitterとmixi。対峙させられることになった者達の助け合いとぶつかり合いをとくとご覧アレ。

◯27日謝恩会
後日告知

◯QR CODE MUSEUM キューアールコード美術館
design by g86(山道拓人+鎌谷潤+中村慶子)
渋谷の東急文化会館再開発地区の仮囲いを利用し、QRコードを用いた美術館を作ります。
新進気鋭のアーティストをキュレーションし、渋谷をテーマにQRコードをキャンバスにして絵画、音楽、映像、アプリケーション、インタビューと次元を変えて、渋谷の遺産と共に展示します。都市における文化的で現代的な展示空間です
場所:新文化街区開発地区 期間:2010 / 03 / 13 ~ 2010 / 03 / 22
期間中、渋谷駅地下コンコース内でアートイベントshibuya1000同時開催
主催:shibuya1000実行委員会
共催:東京急行電鉄株式会社/東京地下鉄株式会社_東京メトロ
協賛・協力:株式会社デンソーアイティーラボラトリ
問い合わせ先:shibuya1000実行委員会事務局

http://d.hatena.ne.jp/g86/20100313

◯Sakai Yukina Solo Dance Performance 「In the Light / In the Wind」
日時|2010/03/14, 21(sun.) 16:00~
場所|神奈川県立近代美術館 *3/14 葉山館, 3/21 鎌倉館
出演|酒井幸菜、表現

◯MADウォール
松戸=MADの名を冠した、壁画ライブペイント。駅徒歩3分のバイパス側壁の
約150㎡を舞台に、オランダのストリートアート界を代表するZEDZ、国内から
大山エンリコイサムとMHAK、3名のアーティストが壁画アート作品を制作します。

日程 2010年3月10日(水)~31日(水)
会場 松戸駅西口6号バイパス(岩瀬立体) http://ow.ly/1dCIB
アーティスト
・ZEDZ http://www.zedz.org/
・大山エンリコイサム http://red1press.com/artist-list/oeil
・MHAK http://red1press.com/artist-list/mhak
主催 根本第三町会 / 根本第九町会
運営 NPO法人CoCoT
協力 松戸市 / NPO法人KOMPOSITION / マチヅ・クリエイティブ / 東葛塗料商事

◯フォトグラフィックカンバセーションズ@WIRED CAFE
3/27(土) 22:00~3/28 (日) 4:00am
第2部 1:00~3:00
ミッドナイト・ハードコア・シンポジウム
『美と崇高のリ-クロッシング――芸術理論の再起動へ向けて』
出演者:池田剛介、加治屋健司、千葉雅也、星野太
http://www.gptokyo.jp/news/index.php

◯桜の園 オンカンダンサーズ
原作      チェーホフ『桜の園』より
作・演出    矢内原美邦(ニブロール)
ドラマトゥルク 長島確(mmp)
コンセプト   佐藤慎也(日本大学)
日時      2010年3月20日(土)21日(日)《受付終了・キャンセル待ちあり》
会場      京王フローラルガーデン ANGE

◯3331関係
連日いっぱい。w

◯TERATOTERA × 東京アートポイント計画
『TERATOTERA お披露目の日』 http://teratotera.jp/

日 時: 2010年3月21日(日)17:30 OPEN 18:00 START(-24:00)
会 場: CAFE ZENON(東京都武蔵野市吉祥寺南町2-11-3)
http://www.cafe-zenon.jp/
参加費: 1000円(1ドリンク+軽食)予約不要
主 催: 東京都、東京文化発信プロジェクト室(財団法人東京都歴史文化財団)
一般社団法人TERATOTERA

<すべてのつながりはこの一夜から>
2010年春、JR中央線高円寺駅~吉祥寺駅区間をメインに、東京・杉並及び武蔵野
地域を舞台とした地域密着型のアートプロジェクトTERATOTERA (テラトテラ)
が始動します。TERATOTERAという名称は、〈寺〉と〈寺〉を結ぶ(高円〈寺〉to
吉祥〈寺〉、あるいはTERA=大地、地球をつなげる)という意味を込めてつけら
れました。
初の公開イベントとなる『TERATOTERA お披露目の日』では、本プロジェクトの
紹介を主軸として、この地域で活動を展開するアートスペースの関係者や縁ある
アーティストが一同に集い、トークショーやライブパフォーマンスを繰り広げま
す。大いなる可能性を秘めたTERATOTERAの記念すべき第一歩の証人となるべく、
ぜひ多くの方々のご来場を心よりお待ちしております。
すべてのつながりはこの一夜からはじまります。

7ch関係イベントめじろおし。
21日には大友さんライブもあったり。 ですす。
とか。

かぶりまくりでい

僕直接では

ちなみに北千住関係で、20、21,22と連続して最後にイベント
http://www.ottr.cc/con_tempo/news/index.html

3/22までですが、渋谷1000というものの一環で 渋谷にてR CODE MUSEUM キューアールコード美術館に出展中
http://d.hatena.ne.jp/g86/20100313

3/28にちまで、空間構成をしている。秋葉原art chiyoda3331にて、展示。
http://nanachan.tv/
http://www.3331.jp/

以下その他知人ふくめたイベント達_
◎CONCERT!!
March 20th, 2010
OPEN : 18:30 / START : 19:00
VENUE : con tempo
FEE : 1,500JPY(+1drink)
GUEST : zero charisma
LIVE : 大和田俊, mun, 庄子渉+伊藤寛武, 松村誠一郎

2010年3月、現在のスペースでの活動終了に祭しクロージングイベントを開催中。concert !! シリーズ最終回となる今回はイギリス出身、仙台在住のアーティスト、zero charismaをはじめとしたエレクトロニカ、ポップ系のアーティスト5組が出演。おっとり舎に有終の美を飾ります!

◎MAD花見ナイト
春分(しかも桜の開花日!)、松戸駅西口から徒歩10秒のペデストリアンデッキにて、
老若男女、昼と夜、地元民と外部からの若者、伝統文化と現代カルチャー、あらゆる
境界を横断すべく、混沌と下町情緒溢れるパーティーイベントを行います。

日時 |2010年3月21日(日)17~20時
会場 |松戸駅西口デッキ広場入場料 無料飲食 提供予定
アーティスト|大和田俊(東京藝術大学),リリカル・リリィ,Mun,NEOhetare,NEN
主催 |松戸駅周辺にぎやかし推進協議会
運営|NPO法人CoCoT
協力|マチヅ・クリエイティブ / おっとり舎

◎CON TEMPO RALLY
March 22nd, 2010
OPEN : 18:30 / START : 19:00
VENUE : con tempo
FEE : 500JPY(+1drink)
LIVE : 梅林太郎, 古澤龍, 網守将平, 土屋大輔, 髙橋宏治, 川口成彦, 須東裕基, 角銅真美
企画 : 網守将平

10年代突入と共に消えるおっとり舎に於いてささやかな催しが行われる。ここに集ったのはゼロ年代における消費社会の申し子達であり溜め込んだMPを使いたくてウズウズしている連中である。今回ここに出現するのは彼らによる現代にふさわしきカタルシスの散開であり、惜しくも葬られることになるおっとり舎への偲びと再生への希望であり、次世代への問いの投げかけとも言い換えられるかもしれない。芸術とアート、音と音楽、時間と空間、ポップとアヴァンギャルド、Twitterとmixi。対峙させられることになった者達の助け合いとぶつかり合いをとくとご覧アレ。

◯27日謝恩会
後日告知

◯QR CODE MUSEUM キューアールコード美術館
design by g86(山道拓人+鎌谷潤+中村慶子)
渋谷の東急文化会館再開発地区の仮囲いを利用し、QRコードを用いた美術館を作ります。
新進気鋭のアーティストをキュレーションし、渋谷をテーマにQRコードをキャンバスにして絵画、音楽、映像、アプリケーション、インタビューと次元を変えて、渋谷の遺産と共に展示します。都市における文化的で現代的な展示空間です
場所:新文化街区開発地区 期間:2010 / 03 / 13 ~ 2010 / 03 / 22
期間中、渋谷駅地下コンコース内でアートイベントshibuya1000同時開催
主催:shibuya1000実行委員会
共催:東京急行電鉄株式会社/東京地下鉄株式会社_東京メトロ
協賛・協力:株式会社デンソーアイティーラボラトリ
問い合わせ先:shibuya1000実行委員会事務局

http://d.hatena.ne.jp/g86/20100313

◯Sakai Yukina Solo Dance Performance 「In the Light / In the Wind」
日時|2010/03/14, 21(sun.) 16:00~
場所|神奈川県立近代美術館 *3/14 葉山館, 3/21 鎌倉館
出演|酒井幸菜、表現

◯MADウォール
松戸=MADの名を冠した、壁画ライブペイント。駅徒歩3分のバイパス側壁の
約150㎡を舞台に、オランダのストリートアート界を代表するZEDZ、国内から
大山エンリコイサムとMHAK、3名のアーティストが壁画アート作品を制作します。

日程 2010年3月10日(水)~31日(水)
会場 松戸駅西口6号バイパス(岩瀬立体) http://ow.ly/1dCIB
アーティスト
・ZEDZ http://www.zedz.org/
・大山エンリコイサム http://red1press.com/artist-list/oeil
・MHAK http://red1press.com/artist-list/mhak
主催 根本第三町会 / 根本第九町会
運営 NPO法人CoCoT
協力 松戸市 / NPO法人KOMPOSITION / マチヅ・クリエイティブ / 東葛塗料商事

◯フォトグラフィックカンバセーションズ@WIRED CAFE
3/27(土) 22:00~3/28 (日) 4:00am
第2部 1:00~3:00
ミッドナイト・ハードコア・シンポジウム
『美と崇高のリ-クロッシング――芸術理論の再起動へ向けて』
出演者:池田剛介、加治屋健司、千葉雅也、星野太
http://www.gptokyo.jp/news/index.php

◯桜の園 オンカンダンサーズ
原作      チェーホフ『桜の園』より
作・演出    矢内原美邦(ニブロール)
ドラマトゥルク 長島確(mmp)
コンセプト   佐藤慎也(日本大学)
日時      2010年3月20日(土)21日(日)《受付終了・キャンセル待ちあり》
会場      京王フローラルガーデン ANGE

◯3331関係
連日いっぱい。w

◯TERATOTERA × 東京アートポイント計画
『TERATOTERA お披露目の日』 http://teratotera.jp/

日 時: 2010年3月21日(日)17:30 OPEN 18:00 START(-24:00)
会 場: CAFE ZENON(東京都武蔵野市吉祥寺南町2-11-3)
http://www.cafe-zenon.jp/
参加費: 1000円(1ドリンク+軽食)予約不要
主 催: 東京都、東京文化発信プロジェクト室(財団法人東京都歴史文化財団)
一般社団法人TERATOTERA

<すべてのつながりはこの一夜から>
2010年春、JR中央線高円寺駅~吉祥寺駅区間をメインに、東京・杉並及び武蔵野
地域を舞台とした地域密着型のアートプロジェクトTERATOTERA (テラトテラ)
が始動します。TERATOTERAという名称は、〈寺〉と〈寺〉を結ぶ(高円〈寺〉to
吉祥〈寺〉、あるいはTERA=大地、地球をつなげる)という意味を込めてつけら
れました。
初の公開イベントとなる『TERATOTERA お披露目の日』では、本プロジェクトの
紹介を主軸として、この地域で活動を展開するアートスペースの関係者や縁ある
アーティストが一同に集い、トークショーやライブパフォーマンスを繰り広げま
す。大いなる可能性を秘めたTERATOTERAの記念すべき第一歩の証人となるべく、
ぜひ多くの方々のご来場を心よりお待ちしております。
すべてのつながりはこの一夜からはじまります。

7ch関係イベントめじろおし。
21日には大友さんライブもあったり。 ですす。
とか。

霜月

いつのまにやら 夏をこえて霜月でした。
昨日でマチヤタイプロジェクトCHACHACHAも撤収終わり一山越えた感じです。

満月の夕刻よりコジマにて、音楽をしてもらった、バンド『表現』のライブ。 言っちゃあわるいが1日本番より全然良かった。
客席、場、音、風が一体となって久々に満足しきりました、満足しすぎて打ち上げは遠慮して家で豆乳鍋。

たまっていたグラフィック関係の仕事をプラプラと。
しばらくマチヤタイのブログを管理というかいろいろ書いていたんですが、マチヤタイと検索してもこっちのブログが出ちゃうんだよな、ツイッタをまとめるのはリンクが増えすぎてよくないのかもしれませんね。

マチヤタイやらアリスプロジェクトやらはおいおい書いていきます。 とりあえず

かんけいすること

e84c56a3.jpg最近。流行にのってメディアスキンをつかっていました。
鍵束を無くして。財布と一緒に携帯する様になりました。
カメラが欲しいです。

個人
◎10/4.10 ぐるぐるやみプロジェクト
http://artlink.jp.org/2009/yanakatour.html
◎10/23-11/1 建築科マチヤタイプロジェクト
http://machiyatai09.blogspot.com/
◎10/19-11/7 フランス交流プロジェクト
http://u-t-m.jp/modules/annex/index.php?content_id=2

おっとり舍
◎10/20 PRAEDというベイルート出身オランダ在住のアーティストのコンサート。
◎10/2-10/24 メンバー池田剛介個展
http://www.tagboat.com/contents/feel/ex-chamber_memo/2009/09/-plastic-flux.html 

コジマラジオ(毛原大樹)
◎10/31-11/29ヨコハマ国際映像祭
http://www.ifamy.jp/

坂ノ下ノ渋谷

東京芸術大学音楽環境創造科 第一期卒業生四人による
『なんなのだろうか、』

なんなのだろうか、それは。
映像の在り所を問い続ける有川滋男は、いつも真摯にそう問いかけて、観る者の意識にかすかに糸を引く残像を植えつける。
なんなのだろうか、それは。
カラダの在り所を追求する須藤崇規の空間は、ストイックにメディアを繰りながら、その奥底で詩を奏でる。
他者の認識と自己の認識が、時に優美に、時に鮮やかに絡み合う西尾千尋。
谷上周史がもんどり打つのはヴァーチャルな世界なのか、それとも実人生なのか?

ふぞろいな四人だが、まなざしは、いずれも深く揺るぎがない。
不如意な現実の狭間を凝視した先にあるのは、精緻な覚醒か、はたまた撹乱か。

—– 熊倉純子 (東京芸術大学音楽環境創造科 助教授)

印渋谷。ちなみに最終日。

それから徒歩で六本木 第49回岸田國士戯曲賞受賞作品
「三月の5日間」     作・演出 岡田利規
チェルフィッチュhttp://chelfitsch.net/

あんど初スーパーデラックス
http://www.super-deluxe.com/

k

;「ん。なんか終わって出るまで渋谷だっけな?」とか思ってしまう。
面白いけど。カックいいけど。空間が広すぎる気もした。アゴラぐらいの狭さが心地いい舞台かも。

普通にミクシに岡田さんがいたりして、いとおかし。最初行った音環4年生が関わっていたりもしてて。学校ではわからないけど、いろいろいいかんじですよ。

雨ニモ負ケズ

c895254a.JPG建築家 グンナール・アスプルンド「癒しのランドスケープ」
http://www.mew.co.jp/corp/museum/ann.html

「第45回消費者のためになった広告コンクール」展
http://www.caretta.jp/sp_events.htm

えっと、グンナーアスプルンドは、展示自体は少し寂しいけど。けど、他でもあまり情報を得られない彼としては、しょうがないかな?
けど、あのささやかさ、意外と似合ってるきもする。

 カレッタはタダなんです。けど、結構オモシロいで。
つかもう一回行く!たぶん
マーブルチョコレートのラジオCMとかね、やばいよたぶん。

メディアだとか広告とか好きな人は。是非どうぞ!!
特にのすけにはおすすめします!

さんぽ

たまりにたまった展覧会をいろいろ。

日本の現代住宅 1985-2005

   内と外。素材と純白の空間

http://www.toto.co.jp/gallerma/ex051201/

フェデリコ・エレーロ展 「ライブ・サーフェイス」

http://www.watarium.co.jp/

アートと話す/アートを話す

   てんこ盛りでつかれるかもな

http://www.operacity.jp/ag/exh69/

オラファー エリアソン 「影の光」

   日曜の午後は最高にこんでました…

http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html

「光の造形」

   ささやかで、まぁフラット立ち寄るにはいいかも

http://www.pola-ma.jp/schedule/pop0602_01.html

あとチェルフィッチュの《三月の5日間》を再演するので予約。

ついにスーパーデラックスデビューです

今日は、乃木坂、青山、原宿と回ってきました、ギャラマのせいか、建築探訪となった。塔の家、忠雄、北河原さん。

そうそう、外苑前にヨコミゾさんの建物ができてます。3番出口をでればきっとわかるはず。

tokyo

9a22cab8.JPGipodが壊れてしまったので。銀座のリンゴ屋へ
新品になって帰ってきました。
お年玉!!!!

んで、こんな正月に銀座なんで、SALEを巡って。
有楽町、大手町と散歩してきました。

で、写真はミレナリオの残骸。あの輝き、ってみたことないけど、、が輝いてない時は、なんかイバラの森みたいなそんな感じ。

Continue Reading

みん

172bf174.jpgみん みん 泯 

田中泯をみてきた。
世田谷パブリックで初見ん

予想はしてたけどエンテーテイメントではない感じ。。。
けど、やるよ!泯泯みんみん

体を大きくしたり小さくしたり。本当にすごいんだ。サイヤ人ですら大っきくなるときはサルになるのに、かれは人間のままでごにょごにょ動きながらやりよる。
 それは、体を道具のように隅々まで動かせるから、使えるからなんだろう。
体の限界まで使うことができるからだろう。
内面も外見も。

彼は眼でなくて、体で光を感じられる、そんな気がした。
そりゃ俺も感じる。けど、彼はたぶん眼並みに感じてると想った

彼のダンスは普通じゃない。

舞踏とゆうらしいが...
彼は音のリズムにのるのではなくて、
光に、
空間のリズムにノッて舞っているようだった。

結論。
俺も舞えるようになりたい。
ダンスでなくても、自分の体をおもいっきり使って
踊りたい

一昨々日は

デサイナーズウイーク 赤坂、外苑。うーん・・・金をとっていいのかい?と、
目が肥えたって訳でもないと思うんだけど、自分がそんな成長したともおもわないんだけど、
どうでしたか?みなさん

ま、ライブあって今日は良かったけどさ。

そ、シンディローパー見たよ!!
そお!UAみたよ!!!324

おとといは

現美でイサムノグチを見た。四年生がかわいい子を連れてた。ま、おれもだけど、ねっ。

イサムさんの彫刻に触れないって、結構台無しだよね

ぶこう

好きー  の映画を見て来た。映画ってかドキュメだけど。
好きー  だなんて言う作家は数えるほどしかいない僕。と言って他を紹介しないけど
好きー  だったよ。

なにかな?何も服を着ないで。起きて食ってヤッて出して寝て、ってなかんじなの。
隠さず、素直な文?
フィクションなんだけどヴァーチャルなんだけど、リアル。
そんな作家で、リアルな彼を見てみたくって行った。

関係ないけど隣でやってた映画のなんかで志村正彦、李相日監督とあと、キルビルにでてた。はげてるあの人見た。
69見たくなった。

ああ雨だね

BUKOWSKI あ

三茶

54eaa69f.jpgインバル・ピントを見て来た。
コンテンポラリーダンスは初めてだったんだけど。。

たぶん、今年行った舞台では一番面白かった。
ハズレはないと、勧められて行ったんだけども。ホント!踊りたくてウズウズした

公演

かしわ

075fb843.JPGさてと、学校も始まり
ひさびさに朝起きて、取手に行ったんだけど。結局二限しかない……
で、暇を持て余した建築科8人(15人中)柏に行ってきました。
ビックカメラでペンタブを見て。本城直季の展覧会を見て来た。

かぁ~なり。駅から遠いし完璧住宅街で難しいんだけどね。

えがった。 
えガッタ。
得ガッタい経験だった。

123

昨日は雨じゃなかった日本晴れさ

空を飛んでたシャボン玉みたいに。みんながキラキラ光って、
ふわふわ飛んで、くっついたり、わかれたり。ふらふらしながら、風に乗って唄に乗って。

パッと割れたけど…あの虹色の輝きは心から消えないだろうな。

最高でした。hanauta-fes

風邪をひいてしまいましたが。

最高でした。

全然違いますが…
最高でしたと言えたら言いと思う。
明日から、いす展です!!

朝の椅子
是非においでくださいましい

一人

6fbfe992.JPGでも旅をした。
金沢を。

やっぱり、一人かな?俺は。
もう感覚の導くがままに、右に左に上に下に、自由に行けるし。
あと、友達ができやすいね、やっぱり。

Continue Reading

二人

16abb782.JPGで旅をした。
名古屋を。
二人旅って、いいかもしれない、一人の方が自由に行動できて、瞬時に判断できて、簡単なんだけど…
二人だと四つの目と、四つの耳で、一人だけでは気づかないようなことも見れたり。
あと、ご飯が色々味見できる。それ、最高!!

Continue Reading

ンジ

397031f2.JPGオレンジレンジ?電子レンジ?アレンジ?んじゃ~ない

ヤノベ ケンジ inトヨタ美術館

あっち~

面白かった~

手羽先 うんめ~

鳥の刺身 うんめ~

Continue Reading

expo

8fbdeaec.JPG万博!正直君たちにはおすすめしない…
 人、人、人。
ディズニーランドでさえ三十分も並ばない俺には地獄dethた。

内容は意外と面白かったけどね。krag×kuma並みだ。

Continue Reading

カガミ…

6214b9a8.JPGかなえじゃないよ、奈月でもない。
双子は正解だけど、まどかと、はるかでもない。
カなりガミガミ言われた。でもないし、カガミ餅でもない。
カん東でもガンダム展ミたい!でもない(かなり見たいけど…)
カ舞伎座で十二夜ガミたかった(ほぼ正解)

…鏡(完璧!)。

光を反射するもの。
自分映すもの。

もう一人の自分を生み出すもの。もう一つの世界を映生み出すもの。
本当の自分は絶対見えないもの。

双子ってどんなんだろ?同じ顔で、歳で、親で、家で。

十二夜を見てきた。かなり面白かった。
カガミがキーワード。かな?俺的にね

Continue Reading