深い沼

現代美術館で開催されているMOT アニュアル 「風が吹けば桶屋が儲かる」展にて田村友一郎さんの少しばかり展示をお手伝いしました。
24に行われるイベントも一緒に企みをしております。

Continue Reading

YSM

ysm_1120

title : Yashima shouten/八嶋商店
Principle use:shop/際物屋
address:MARSUDO CHIBA
floor area:46.46m²
Design period: 2012.08-11
Construction period: 2012.11-12
architects:JUNPEI MORI
construction:Ryousuke AGU(FUJIMORI KOUMUTEN),Toshitugu MATSUMURA(SAMURAI),Ryouhei MORI,Junpei MORI(madlab)
Website:http://www.net-yashima.com/

1010-1111GTS AWARD

3年前に出会って、実験を行ったスカイツリーの麓の鉄道高架下をまた使える事になりました。

実は今日から始まっています。本当先日なのですが、イベントの企画をするはめになりまして、急遽考えたり、ふと思い立って音楽家に電話したり、ダンサーに会いにいってみたりしています。

前回はまず、その場所にどんな可能性があるのか実験という意味をこめて出来る限り幅の広いプログラムを企画しました、劇的なイベント目白押しというやつですな、おかげで最後も劇的な終わりでした。。

今回思っているのは、どうやって日常をデザインできるか、ということで 例えばCAFEを運営したり、マチの人と食事会をしたり。土地に脚をつけて、とはいえヨソモノとしてマチのくさびを打てればいいなとも思いつつ。その劇的さと普通さの強弱を考えているとところです。というわけで、むしろふらっと音を奏でにきてくれたり、踊りに来てくれたり、料理をもってきてくれたり、そんな持ち寄りも大歓迎です。

はらっぱみたいな、大人の秘密基地。。

 

http://gts-sap.jp/modules/ev_iap/index.php?page=article&storyid=41

はらっぱと遊園地

Photo

プロジェクトって

それこそ、原っぱで遊ぶ子供のように、ゆるやかなベクトルの連鎖でしかなくて、

ベクトルを合成するとか、そういうのは少し違う

 

と最近おもっていて、青木さんを再読しようと思っているのです。

 

 

スタンダード 

我が家が沖縄になった夜。 (参加者20名を越えたこの夏最後の粟島パーリナイッ♪海辺でBBQ!~美味しいお肉は勿論♪海の幸盛り沢山!名産ワタリガニを焼く!箱崎水産自慢のマダイをまるごと焼く!豪快絶品焼料理の数々にアルコールは無限給飲~と、まさかのサプライズ登場はtrance ethnic musician「表現-hyogen」海辺は一瞬でライブステージに~みんなでジャムセッション♪~全ての食材&アルコールを完飲食し目指すは最終ステージ「あさやん家」~離脱者続出の中見事到達した酒豪猛者達8名による狂乱宴舞の1

大学生活もおわって、ただ単純にあたらしいものを求めていた自分から
これでいいとおもえるちょうど良い、もの、生活をすごせる様になってきた。
自分にとってのスタンダードが定まってきたということで、うれしくもあるのだけど。
だからこそ、いま出会う新しいもの、出会にいく場所ってすごく重要だなと思う今日このごろ。

 

サイトのタイトルをモリ ジュンペイ プロジェクトにかえました。
やはり、理想としてあるのは、豊かな時間を伴なった空間であって。そこに建築をつくらないことも選択肢としてとっておきたいという定義が。
それらも含めて建築というプロフェッションによって成り立つ。よりも勝っているということですね、これもまぁ、かわっていっていいと思います。

9/28.29.30ドリフターズ・サマースクール2012公演「NO FUTURE / YES FUTURE」

講師として参加させていただいています。

森下スタジオ、急な坂スタジオ、象の鼻テラス(本番)と都市を横断しつつ、進化しつづけています。

演出家(というか主役)がいないから、だれが決定をしていくのか決まっていないから、いつもそれぞれの思いをかけて議論が白熱する。

今年はひょんなとこから建築的なアイデアが比較的初期から産まれていて、背骨のように空間の骨格を見せらそうなきがします。

Continue Reading

9/21「酔いどれ祭り」madcity

photo tomita ryohei

 

会場デザインというなの什器準備、配置計画、設営etcをおこないました。

松戸駅西口すぐの高砂通り。昭和の趣ある横丁をはじめ、個性的な飲食店が建ち並ぶ商店街です。「高砂通り酔いどれ祭り」は、この商店街150メートルの路上を開放して行われる食文化とアートの祭典。30店舗近くの参加店が名物料理を食べ比べサイズでご提供。路上が巨大な宴会会場になります。地元アーティストのパフォーマンスもお楽しみいただけるこのイベント。みなさまお誘い合わせのうえ、ぜひお越し下さい!

Continue Reading

MALPLE vol.6「アーティスト・イン・レジデンス」

毎月定期的に開催している、アートプロジェクトの勉強会のお知らせです。題して松戸アートラインプロジェクト・ラーニング・イーチアザー(Matsudo Art Line Project Learning Each other)略して、「MALPLE(マルプル)」!シリーズ第6回目は、「アーティスト・イン・レジデンス」をテーマに取り上げます。アーティスト・イン・レジデンスとは、一定期間アーティストが現地に滞在しながら作品制作/展示に取り組むスタイルのこと。滞在しながら制作することで、地域との交流が生まれたり、アーティスト自身にも新しい発見が生まれます。今回は、アーティスト・イン・レジデンスの事業がいったいどのようなものなのか、さまざまな事例を交えながらお話を伺い、松戸でのその可能性を探りたいと思います。ぜひご参加ください!日時:2012年6月25日(月)19:00~21:00(※イベント終了後、懇親会を予定しています)
テーマ:「アーティスト・イン・レジデンス(AIR)」
ナビゲーター:小田井真美(AIR/アートプロデューサー)
料金:無料
会場:MAD City Gallery
住所:千葉県松戸市本町7-9
主催:株式会社まちづクリエイティブContinue Reading

6/8 助手展

6/8から芸大助手有志展が上野の陳列館でおこなわれます。

美術学部全科にくわえ映像、音環の助手の総勢40人で行われる展示です。

 

一応、会場構成担当ということになっていますが。

形態も、テーマも個性豊かな面々の間を調整してまわって、やっと全体が見えてきたという感じ。(あと2週間なのに)

という訳で大胆な会場構成は魅せられませんが。大胆なバラバラさは楽しめるのではないかと思います。

たぶん、展示と一緒に構内を散策してみると色々な発見があるのではないかと思われます。

 

MALPL2012説明会&MALPLE vol.5

毎月定期的に開催している、アートプロジェクトの勉強会のお知らせです。
題して松戸アートラインプロジェクト・ラーニング・イーチアザー(Matsudo Art Line Project Learning Each other)略して、「MALPLE(マルプル)」!
シリーズ第5回目となる今月は、「記録」をテーマに取り上げます。
記録に残すことが難しいアートプロジェクトを、いかに記録していくのか。記録と記憶の違いとは。
主に松戸アートラインプロジェクトのボランティアスタッフ向けのイベントとなりますが、
テーマにご興味のある方もぜひお気軽にご参加ください。

また今回は、トークの前にあわせてボランティアスタッフ向けのMALP2012についての説明会も行います。今年の松戸アートラインプロジェクトは、体制がこれまでとはさらに変わります。テーマとしては、昨年からの「暮らしの芸術」はそのまま残し、より地域住民の方々と一緒につくってくプロジェクトにしていく予定です。また、イベント的に行うプロジェクトというよりは、年間を通じて継続的に取り組んでいくかたちとなります。詳しくは、当日の説明会でお話させてください。

またご参加希望の方は、下記ご予約フォームよりお申し込みをお願い致します。

日時:2012年5月14日(月)19:00~21:00(※イベント終了後、懇親会を予定しています)
テーマ:「記録」
ナビゲーター:加藤甫(写真家)
料金:無料
会場:ルシーナビル7F(※会場が変わりましたのでご注意ください!)
住所:千葉県松戸市本町20-10
主催:株式会社まちづクリエイティブ

Continue Reading

「旧・原田米店交流会」。シリーズ第4回目

373024_218707578234849_1002725466_n

旧・原田米店入居アーティストを招いて、トークを行う「旧・原田米店交流会」。シリーズ第4回目となる今回は、ゲストに森純平さん、四方謙一さん、永田康祐さんをお迎えして、それぞれの作品やこれまでの活動のお話を伺います。会場は、大正時代に建てられた、旧・原田米店奥の古民家1階です。現在は、ゲストのメンバーに加えさまざまなアーティストや建築家などがMAD Lab.というシェアスペースとして、活用しています。またイベント終了後には、別会場にて懇親会も予定しています。普段入れない旧・原田米店や古民家へ入れるチャンスですので、MAD Cityやアトリエ「旧・原田米店」に興味がある方は、ぜひお気軽にご参加ください!

Continue Reading

建築をつくること

 

建築をつくるというのは、最初から何か「建築」というものがあって、その枠組みのなかでできるかぎり上手に組み立てるということではありません。建築をつくることは、いま現実にそこに既にある状況にたいしてその状況をある方向に物理的に変える、というところまで還元してしまうことができるものです。そして一人一人が「つくる」という行為のなかで、これが「建築をつくることだ」といえるものを発見できたその瞬間そのものが、つまり「建築をつくること」なのだと思います。

MALPLE vol.3「まちづくりとアートプロジェクト」

毎月定期的に開催している、アートプロジェクトの勉強会のお知らせです。
題して松戸アートラインプロジェクト・ラーニング・イーチアザー(Matsudo Art Line Project Learning Each other)略して、「MALPLE(マルプル)」!
シリーズ第三弾となる今回は、ずばり「まちづくり」をテーマに取り上げます。
いろいろなかたちのアートプロジェクトがあるなかで、「まちづくり会社」が事務局を行っている松戸アートラインプロジェクト。
まちづくりって何?といった素朴な疑問も含めて、まちづくりの視点からアートを考えてみます。
ぜひお気軽にご参加ください!

http://madcity.jp/2012/03/malple-vol-3/

https://www.facebook.com/events/373230366040892/

日時:2012年3月28日(水)19:00~21:00(※イベント終了後、懇親会を予定しています)
テーマ:「まちづくりとアートプロジェクト」
ナビゲーター:寺井元一(株式会社まちづクリエイティブ代表)
料金:無料
会場:MAD City Gallery
住所:千葉県松戸市本町7-9
主催:株式会社まちづクリエイティブ(松戸アートラインプロジェクト2011事務局)

MALPLE vol.2「美術館とアート」

毎月定期的に開催している、アートプロジェクトの勉強会のお知らせです。
題して松戸アートラインプロジェクト・ラーニング・イーチアザー(Matsudo Art Line Project Learning Each other)略して、「MALPLE(マルプル)」!
シリーズ第二弾となる今回は、「美術館とアート」をテーマに取り上げます。
なぜ社会に美術館が必要とされているのか。
美術館に代わって、アートプロジェクトでできることは何か、などなど。
美術館とアートを巡って、参加者同士で気軽に意見交換をできればと思っています。
アートプロジェクトやMAD Cityに興味がある方など、どなたでも大歓迎です。
ぜひお気軽にご参加ください!

日時:2012年2月29日(水)19:00~21:00(※イベント終了後、懇親会を予定しています)
テーマ:「美術館とアート」
料金:無料
会場:ルシーナビル7F
住所:千葉県松戸市本町20-10
主催:株式会社まちづクリエイティブ(松戸アートラインプロジェクト2011事務局)

in progress.

HP,blogを移行、統合しました。

worksはまだ、一覧だけですが、少しずつまとめていければと。

projectsは修士制作でまとめた、おっとり社での活動など(ちょうど一年前ですが。)、建築の周りにあった状況をすこしずつあげていきます。

あとphpが少し崩れているようなのは、要修正。

 

どれも、丁寧に。

 

2011年 元旦