Quotations:

Quotations: Min Tanaka 

translated by Kazue Kobata

Japanese and English
私は地を這う前衛である。
I am an avant-garde crawling on the ground.

私は場所で踊るのではなく、場所を踊る。
I dance NOT in the place; I dance the place.

踊りは私の日常です。
Dance is my daily life.

踊りは、その時、その場で生まれるもの、永遠に探し続けるもの。踊りはこうだ、と言った途端に逃げていく。
Dance emerges in the time and place, and it is something one pursues without an end. It escapes as soon as you define it in definite words.

私は自分の生きていること全体をダンスと呼びたくなってきていて、「私はひとつのダンスです」と言えたらいいなと思うんです。
I am beginning to feel like calling “dance” the entire reality of my living. It would be greate if I can announce “I am a dance.”

僕は踊らないと死んでしまう人間。だから踊りは職業じゃない。百姓なんです、職業は。
I would be dead if I don’t dance. That is why it is not a profession for me. I am a farmer by profession.

僕を踊り続けさせるものは、敬意だと思いますね。人間が踊りを始めたということに対する敬意。
It seems to me it is respect that prompts me to continue to dance. Respect for the fact that human beings began to dance at one point in time.

踊りは間違いなく人間のことをやる表現です。そして地球史・生命史という制度の内での一つの方法たらんとするものである。
With no doubt dance is an expression concerned with what it is to be human. And it is aspires to be a means available within the institution of the history of the earth and of life.

「私の子供」はいまだに変容を続けながら自分の生きる環境のあちらこちらに、笑い顔で現れる。「あいつ踊っているな!」と思わせるほど肯定的なのです。そう、踊りは例え死への途上でも肯定的なものなのです。身体から出かけて身体へ帰ること、付録を連れて帰ること、付録であふれた多様な容器が何も切り捨てずに表現すること、が踊り、かな。ですか。
My “off-spring” never ceases popping up here and there, smiling and changing, in my living environment. It has such a affirmative posture that I always feel “you are dancing!” Yes, dance is something affirmative even when one counters it on a way to one’s death. Then what is dance? Exodus from, and returning to, one’s own body? Returning to it with something extra? An expression of a receptacle spilling with those variety of extra factors, but not abandoning any one of them….

「私」とは、内容のない形式である。
「私」でなくても構はないことを日々夢中になってやっている自分という「体」を、時に残念に愛おしく思うのです。もう単語の意味をとびこえた「私」を踊りたいのです。それが、無意識の時代の「私の子供」なのです。
“I” is a form without content.
Sometimes I regret about, and other times I feel affectionate sympathy with, my “body” that is immersed in doing something everyday with no regard with what I am. I want to dance what “I am” beyond the semantic and verbal realm. That is “my off-spring” derived from my unconscious phase.

記憶にない非在の私を踊ってみたい。
I wish to dance what I am…the non-existent self…that which is not found in my memory.

「伝統」というのは、水のようなものなんです。水は、なくならないけれど、場所によって姿をどんどん変えていきますよね。踊りというものも人間が失わずにずっとやってきたものだから、踊りそのものが伝統なんです。
Tradition is like water. Water does not disappear, but it transforms as it moves to different places. Dance, too, is something we have been practicing, never losing sight of it. So isn’t dance an intrinsic part of human traditon?

僕は踊りに選ばれた人間ではなく、僕が踊りを好きになったという立場に立ちたい。強引に踊りを自分に引き寄せて生きようと思った人間だと決めている。
I’d like to take a position that I dance because I fell in love with it, rather than because it chose me to become a dancer. I regard myself as someone who decided to live on by attracting dance towards me by all means, by force.

胸騒ぎがしたり、血が騒ぐ、こころが踊るというのは一体なんなのか。何億年と続く生命の踊りの歴史を遡行し、芸術になる前のオドリを探りたかった。
We feel restless, sometimes excites. What do we mean when we say our heart is dancing? I began dancing because I wanted to trace back hundreds of millions of years of the history of life…in a attempt to find dance prior to its coronation as a branch of art.

とどまっているからだにはいっぱいつまっているのです。動かない姿の魅力です。
A body that does not move, a stalemate body, is full of something. That is the fascination of a non-moving posture.

白州へ来て、老人たちが立ち止まってじーっと田んぼを見ている姿とかを美しいとおもってしまう人間だから、それを自分が実践する。自分が感動したものを自分のものにするわけです。
I moved here, to this rural village of Hakushu. I find beautiful those old people when they are just looking at the rice paddy doing nothing. I want to be like that. If I am moved by something, I want to be the same as that.

観客とダンサーとの関係というのは、わたしの中にもあなたの踊りはあるかもしれないという感覚を交換(交感)することで、交感はダンスの重要な要素だと思う。
The relation between the audience and the dancer is that we exchange the premonition that my dance may be found in you too. I think that this kind of exchanging (sharing) is an important element of dance.

踊りは巨大な相手ですよ。
Dance is immense to tackle with.

心あるダンサーならば「自然」 「踊り」を日常の中にたずさえ思考し続けることは、当然の事と思えるのです。天然の事と言い換えても良いかも知れません。つまり「人の踊りの歴史の真っ只中にダンサーは生きている」ということでしょうか。「生きている人 踊りを踊る」ということは人生の問題なんぞではなく、生命の問題なの。だ。
A decent dance is one who matter-of-factly continues thinking about and carrying on “nature” and “dance” through everyday life. Yes, matters of the physical world. I may mean that “A dancer is living amidst the human history of dancing.” To practice dance as a live form is not a matter of private life, but a matter of life as a collective process.

作品を発表したことが一般的には結果になるが、表現者にとって発表は、じつは「発言」したということであって、始まりの刻印に過ぎない。
When we present a work of dance, “ a piece,” it comes to look like a result. But for us, those who present something publicly, a performance is a mere statement. It only marks the beginning of a dialog.

私たちは踊りの村を作ろうと思った。
場所を特定しない世界中どこにいっても、そこで始まる村だ。
Out intent is to build a village community of dance.
A village that emerges anywhere we go in thiws world.

私にとって舞踏は失意と勇気の象徴であった。
For me dance has been the symbol of despair and courage.

農業には、古い過去からの反現代、具体の現在がある。
In agriculture one can find the anti-modern coming from the past. There you find the concreteness of the present.

個体を越えて存在するこのおどり物質は、遺伝子なのでしょうか……。
Is this matter, that which materializes dance, a gene?

最も大きな伝統は自然だ。
Nature is a form of tradition with a maximum scale.

動くってことはひょっとしたら嘘つくことかもしれないわけですよね。振りを付けて踊るということ、そのものは基本的には嘘。をつくことだと思いますね。その瞬間に感じているものと動いていることとのギャップをダンサーがどうやって埋めて行くんだろうとかって問題がある。
We we move, we may be telling a lie. Choreography is fundamentally deceptive. I am concerned with how a dancer fills the gap between what he/she feels in a given moment and how he/she is moving.

踊り手こそがまさに身体気象的だ。いつでも中心をぼかしたり、自分がそこにいながら自分のからだから外れるようなことが理想だと思う。
A dancer indeed embodies the “body weather.” An ideal state of a dancer is that his/her center is blurred, and that his/her self is outside of the body.

踊りの歴史の中で私は今どこに立っているんだろうか。あるいはどの部分を請け負っているのか、どの部分を生きようとしてるのかというポジションの認識がものすごく大事だ。
Where do U stand within the history of dance? Or which part of it do I bear? Which part do I represent as I live through it? My position in this regard is important for me

舞踊というものが一体どこまで人間社会に関わっているのかという問題は、僕には自分の踊りをまっとうするためにも必要なことだ。それは世の中のこれから踊りが好きになっていく人の為にも大事なものだろう。
In order for me to thoroughly take responsibility as a dancer, it is essential to discern to what extent dance is involved with the human society. The question is probably significant for those who may become interested in dance in the future.

いま世界中で「即興」っていうものが一つの表現の方法という……いや、まさに文字通り表現の仕方なんだけども、生きていくね。でも舞台上の表現手段・技法になっているのは大きな疑問ですね。
Improvising is a manner of expressing, of living. And I am skeptical about the current fashion that merely regards it as a mode or technical method of artistic expression.

舞台上で行われていることは、その前と後から始まってるわけじゃないですか。そこに気付かないから刺激のない踊りが多くなってしまっている。
What one does on stage has its beginning and consequence before and after the time you are on stage. As so many dancers don’t realize that, boring dance is increasing.

踊りはひたすら感覚の世界にあり、次第に言葉で理解される世界に近づいていく。そして最終的には言葉で説明できないもの、感覚に戻る。一方、演劇は言葉の世界から始まって感覚に近づくが、必ず言葉に戻っていく。演劇は具体的、踊りは抽象的な世界。完全にそこで分かれる。
Dance resides in the realm of senses by all means; and it gets increasingly closer to the domain of verbal appreciation. Ultimately it culminates back in what is indescribable in words, the sensorial world. On the contrary, theatrical art begins in the verbal world, and approaches the senses. And it returns to words. Theater is a concrete, and dance is an abstract world. They are entirely different in this sense.

さて、私たちが舞踊資源研究所と名付けようとするものは、生命の営みの大半にも及ぶかと思われます。舞踊資源に研究所を付属させます、すると場所が生まれ、目的が発生します。これらもとてもおどり的です。私たち、舞踊資源研究所が動き始めて五年、生命の営みの中からおどりが生まれる瞬間を捕らえ収集する喜びを、永久のもの にしたいと考えています。もちろん芸術的舞踊の行く末に、資源としての舞踊が大きな助成をもたらすことを信じて疑わないのであります。
The organization we want to call The Dance Resources on Earth is probably concerned with most of our endeavors as living organisms. There will be this deliberate group dedicated to the collection, documentation and study of dance resources. Then there will be a place, a forum, ad a purpose. This process is very much like that of dance. Five years have passed since we started the group. We want to keep finding the joy of capturing the genetic moment of dance coming to the fore. We certainly believe in the contribution of dance as a natural resource to the future of dance as a form of art.

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です