久々に。ブログ。

お久しぶりです。元気してます。
日に焼けています。 
髪を切りたいです。
ビーサンはいています。
本をつくっています。
住宅をつくっています。
いろいろたくらんでいます。

さてはて、ブログと言うものを放置してはや云々。

ほんと今の思いつきなのですが、

いろんなところで、活動をしていて、ただの下請けのように仕事をしていると思われているのかなと思いました。
というわけで言っておきたいのは、一緒に仕事をしている人に興味をもち、面白いとおもい。楽しいと思いやらせています。 そういうわけで、もし僕の周りにいる人は、それは僕が大切だと、時間を共有したいと思っている人ですよろしくお願いします。

最近連絡がとれていないひとも、色々連絡してなにかしたいなーと、溜りに溜まってこのブログを書いていたりもします。また、何か仕掛けましょ。悪戯したいです。

と、いうわけで、勝手気ままに、仕事を一緒にしている人を紹介していってみようかと思い立ったわけであります。(唐突)その仕事を告知するついてに。w

これは、また勝手なのですが、僕の同級生で「しょうじ」というひとがいます。平仮名だったり、カッコつきなのは、正直あんま知らないからですw
けど、彼のブログを何かで読むことがあって、実はいまも購読していますが。
http://ameblo.jp/jobana/
その内容というのが出会った人を紹介というか、ただ、何かをいっていて、けどそれが、凄くいいなーと思ってさらっと読んでいます。

そんなことも理由の一つかもしれませんが、とりあえずそんなところで。
早速。
田村友一郎さん
http://www.tokyo-ws.org/residence/2010/04/post-305.shtml
あした、ワンダーサイト青山でOPEN STUDIOがあります。
そこで展示の手伝いというか、設計をしてきました。
彼とはフランス大使館の展示の時にであって、卒展やら、入学式やらでフト出会います。映像作品かな?写真といっていましたが。 
すごく面白いです。(ああ、こんな単純にはもちろんいえないけれど、まぁ実際みてください。)そういえば、ナントにこの間レジデンスでいったようで、今日ナントークなどしましたとさ。

はい、あきてきました。笑
明日は、先着9人ずつの2回公演なので、早めにいってください。

OPEN STUDIO 2010/5月 プレゼンテーション:藤倉大氏(作曲家)、ゲスト・トーク:小沢剛氏(美術家)

*

会 期:
2010 年05月22日(土)
時 間:
11:00 - 18:00
入場料:
無料
主 催:
公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
会 場:
トーキョーワンダーサイト青山:クリエーター・イン・レジデンス
アーティスト:
招待作家プロジェクトプログラム
ビッター/ヴェーバー(写真/オーストリア)*
藤倉大(作曲/日本)

国内クリエーター制作交流プログラム
亀井佑子(ヴィジュアルアート/日本)
mamoru(サウンドアート/日本)
下道基行(ヴィジュアルアート/日本)
田村友一郎(ヴィジュアルアート、パフォーミングアート、デザイン/日本)

リサーチ・レジデンス・プログラム
リャンシン・ジン(ヴィジュアルアート/中国)
ジョンウン・イム(キュレーション/韓国)
モム&ノエス(ヴィジュアルアート/スペイン/協力:institut ramon llull)   
ビシュワ・シュロフ(ヴィジュアルアート/インド)

*印のアーティストは、TWS渋谷で開催される展覧会に参加しています。

         Japones2.jpg(Momu & No Es)



トーキョーワンダーサイト青山:クリエーター・イン・レジデンスでは、国内外から集まったクリエーターたちが様々な人と出会い刺激を受けながら創作活動を行っています。その制作の現場を一般に公開するイベントとして「OPEN STUDIO」を定期的に開催しています。今回は、世界中でいま熱い注目を集める気鋭作曲家、藤倉大さんが一時帰国し、プレゼンテーションを行います。自身の創作活動や作品について語る貴重な機会、お聞き逃しなく!また、各分野のスペシャリストをお迎えして行う「ゲストトーク」では、海外でのレジデンス滞在や作品制作を多く手掛けている美術家の小沢剛さんをお招きし、「旅と制作」をテーマにお話しいただきます。皆様お誘いあわせのうえ、是非ご参加ください!

スケジュール:
11:00-18:00 オープンスタジオ
13:00-14:00  プレゼンテーション 藤倉大(作曲家)
15:00-16:30 ゲストトーク 「旅と制作」 
            ゲスト:小沢剛(美術家)

ゲストプロフィール:
小沢剛(美術家)
1965年東京生まれ。東京芸術大学在学中から、風景の中に自作の地蔵を建立し、写真に収める《地蔵建立》開始。93年から牛乳箱を用いた超小型移動式ギャラリー《なすび画廊》や《相談芸術》を開始。99年には日本美術史への皮肉とも言える《醤油画資料館》を制作。2001年より女性が野菜で出来た武器を持つポートレート写真のシリーズ《ベジタブル・ウェポン》を制作。2004年に個展「同時に答えろYesとNo!」(森美術館)、09年に個展「透明ランナーは走りつづける」(広島市現代美術館)を開催。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です