舎恩会

100327FACET_ottori_0112_61
2010/03/27「舎恩会」
□FOOD:他人の部屋
□ LIVE : 亜鉛 unt エビオス, アボカズヒロ, 大山エンリコイサム, 大和田俊, Karluv207, キングクンニリングス, 楠本征広, 酒井幸菜, 佐藤公哉, 霜村佳広, 庄子渉, Taro Peter Little, まくらとジョーロ, 安澤洋, 安野太郎

http://www.flickr.com/photos/ottorisha/sets/72157623776038160/

2007年10月8日に、北千住のすみっこで、オープンスペース「おっとり舎」は 生まれました。もともとは東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科というできてまだ間もない学科の者たちが集い、くつろぎ、たむろし、遊ぶ場所があればいいよねということで何の気なしに、いわば戯れ にはじめてみたものです。気のいい大家さんから、 築50年以上の古民家を好きに使っていいよと言われ、ほどなくして同学建築科の友人がかけつけ、木を切ったり打ったりし、通りすがりのダンサーが踊りたいと言い出し、 幾人かの美術家もレジテンス制作をはじめたりして、そんな感じでまったく書ききれないほど多くのご縁に恵まれ、気づけば歳月は流れ、数々のイベントを企画開催実行してまいりました。

さて、かくのごとくみなさまからのご愛顧を賜りましたおっとり舎ですが、今年2010年3月いっぱいをもちましてスペースを閉鎖することになりました。 おっとり舎に有終の美を飾ろうと3月は充実のイベントシリーズをお送りしてきました。そしてそしてそのイベントシリーズの最後に!舎恩会は催されます。
これまでおっとり舎にご来場をいただいたみなさま、共にイベントを作ってくれた、歌ってくれた、踊ってくれた、仲間たち。
毎度毎度お騒がせなおっとり舎を暖かく見守ってくれた地元住民のみなさん。
そしてこのどういうご縁があってか、このステイトメント、 おっとり舎最後の告知文を受け取ってくださったあなた!
みなさまへの心からの感謝の気持ちをいっぱいに詰めた、おっとり舎最後のプレゼント、舎恩会。
入場料1000円にして朝から晩まで楽しめる。おっとり舎は終了のその日まで、全力で疾走しつづけます!!ぜひご期待ください! !

 



Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です