sora

さらに前ですが。
1

集住です。
小島小の御徒町方面の隣の小学校に隣接している敷地に。計画されています。

23

様々な ソラ との距離
         を
壁の操作により
       作りだしています。

plan1 
plan2plan3

様々なソラとの距離をもった ミチ は。
小学校、商店街、下町、駅、広場
               などを結ぶことによって
               4階の屋上まで続いています。

501

住戸は、ソラ の見える大きな ミチ をつなぐような
     廊下のような小さな ミチ をはさんで
     いくつかの場所をもっています。
  
それは、意識によって、ミチ と部屋になったり
           ミチ をふくんだ大きな部屋
           ミチ をとおしたひとつの家
                        になる。
       大きな ミチ           ともつながっていきます

 ミチ はひとつの 家  をつくり
 ミチ はひとつの 街  をつくる。
 ミチ はひとつの ソラ のつくる。

ritu

dan

dan2

と、こんせぷとここまでで。

今回は、最後に見えるカタチとして。
この構成をどこまで見せるかというのを考えていました。

六角さんにも 「構成をしていない」といわれたのですがそのとうりで、
たとえばファザード(まぁ外観)に中の部屋のを表現するとか。
全体を同じものとしてひとつの素材でまとめるとか。構成を部材を反復することによって構成を補強していくか

そこ(設計を終えた時)で完成する建築か
そこから始まる建築か。 

構成を完結させると住民が、手を入れずらくなるのではないか
好きに壊して作り変えていってほしい。そう考えたときに。
どこまでつくるか、どこまでつくらないかが。
とても大きな問題でした。

アイデアを提案する立場としては極論的な。
谷口さんにも「形態が弱い」と言われましたが。
少し強めにカタチをつくることが必要だと思います。

今までの課題は、そうしてきたのですが。
敷地のよさ、もしくは、ずっとマンション暮らしだったので、その実感
などからでしょうか。今回は本当に、その中での生活までよく考えてました。いや、考えすぎました。
施主と、建築家に同時になっていたからでしょうか。疲れました。

ただ、前の日記にも書きましたが、最近はいくつかのクライアント(まぁ友達ですが)との設計をおこなって、彼らとの距離だとか。
プログラム、コンテクストなどを通して。
三年ひとまとめにして、勉強になります。

てへ


Notice: compact(): Undefined variable: limits in /home/users/0/ottorisha/web/junpe1.com/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 863

Notice: compact(): Undefined variable: groupby in /home/users/0/ottorisha/web/junpe1.com/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 863

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/users/0/ottorisha/web/junpe1.com/wp-includes/formatting.php on line 4343

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/users/0/ottorisha/web/junpe1.com/wp-includes/formatting.php on line 4343

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/users/0/ottorisha/web/junpe1.com/wp-includes/formatting.php on line 4343

Leave a Comment
Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/users/0/ottorisha/web/junpe1.com/wp-includes/formatting.php on line 4343

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です